委員会活動

  こころのさとでは、各種委員会活動を通じ、職員の資質の向上、サービスの向上を目指し、

  地域の皆様から愛される施設作りに取り組んでおります。

■広報委員会

(目的)

 〇各事業所でのサービスの取り組み、ご利用者の近況、ボランティア活動、夏祭り開催等を

  広くご家族、地域の方々に理解をしていただきます。

(活動)

 〇広報誌『さと便り』の発行(4月・8月・12月の年3回)

   4月発行記事・・・・1月、2月、3月の記事

   8月発行記事・・・・4月、5月、6月、7月の記事(夏祭り開催記事メイン)

   12月発行記事・・・8月、9月、10月、11月の記事

  ご利用者様の生き生きとした様子や、行事、余暇活動風景、職員が活躍する姿なども紹介して

  いきます。

■安全管理委員会

(目的)

 〇利用者様の事故発生に伴う怪我、痛み、苦しみなどが生じないように事故の未然防止、あるいは

  事後対策、再発防止等について検討を行います。

(活動)

 〇事故報告書・ヒヤリハット報告書記入への意識向上と各部署の再発防止の取り組みを啓発し、

  3ヶ月に1回、報告書を集計分析し、会議を開催。部署毎の事故やヒヤリハットの状況を確認

  します。必要に応じてマニュアルの修正、変更、作成を行い改善策など意識の高揚のために提

  案を行います。

   3月、4月、5月集計・・・・・6月会議

   6月、7月、8月集計・・・・・9月会議

   9月、10月、11月集計・・・12月会議

   12月、1月、2月集計・・・・3月会議

■勉強委員会

(目的)

 〇利用者様に、より質の高い介護サービスを提供できるよう職員の資質の向上を目指します。

  専門職として法人内外での働きができるよう知識を高めます。

(活動)

 〇職員のニーズを基に年間計画を立案し、計画に添って実行します。

  年間の職員個人目標の掲示を行い、達成度の状況など職員各々に振り返りの機会を与え、

  法人全体としてのみならず、個人として成長度合いを自己評価できるよう導きます。

■夏祭り委員会

(目的)

 〇毎年7月に施設を解放した『こころのさと夏祭り』を開催し、広く地域の方にご来場を呼びかけ、

  職員、利用者、家族、地域住民が一体となり楽しみ交流を図ります。

(活動)

 〇5月より実行委員が主体となり内容の立案、企画、準備、運営を進めます。

  開催日は7月の日曜日で、日にちは第1回目の会議で決定します。

  お祭り終了後の反省会では、職員から意見を聞き取り、次年度のお祭りの内容に活かせるよう

  話し合いを行います。反省会が終了した時点で、その年の委員会は解散となります。

■感染予防対策委員会

(目的)

 〇快適な生活環境を提供し、感染防止衛生管理に努めます。

(活動)

 〇食中毒、インフルエンザ、ノロウイルス等、季節に応じて心配される感染症のマニュアル

  の見直し検討を行い、年間計画を立案し、職員研修の実地を行います。

  器具の衛生管理や施設内の清潔保持の点検、見直しを行い全職員に周知します。

  感染症蔓延予防対策を検討し、家族、外来者へ必要な措置を検討し周知します。

■非常災害委員会

(目的)

 〇火災・地震・水害・土砂災害から入居者、利用者の安全と命を守り、日々の職員の防災意識・

  知識の向上を委員会が中心となり、サポートしていきます。

(活動)

 〇様々な災害を想定した防災訓練の計画と実地を行います。

  年2回(5月・10月)消防署員・防災センター職員立ち合いによる総合防災訓練の企画と

  実地を行います。

  3ヶ月に1回会議を開催し、活動の振り返りやマニュアルの見直し・整備を行います。